70年の歴史 大沢一仁メモリアル 志摩音楽教室 に改名

この度、講師である私、志摩光信が70年の歴史を持つ大沢ギター音楽研究所を引き継ぎました。

今後は総合音楽教室として「大沢ギター音楽研究所」を改め、「志摩音楽教室 大沢一仁メモリアル」として運営してまいります。

新たにヴァイオリン科を設け、たくさん方々に様々な音楽を楽しんで頂こうと思っております。

また、地域でのイベント、チャリティー活動にも積極的に参加運営しいくつもりです。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

近藤祐月さん高校生の部で銀賞

この度、東京都台東区生涯学習センターで行われた第38回ジュニア・ギターコンクールで、近藤祐月さん(高一)が高校生の部で見事銀賞を獲得しました。

今年のコンクールも非常にハイレベルな争いでした。

曲目は、J.ロドリーゴ作曲:3つの小品より、ファンダンゴとサパデアード。

この2曲は、超難曲の一つで、高い音楽性と技術が要求されますが、近藤さんは見事に弾き通しました。

忙しい勉強の合間にとてもよく頑張りました。

次は、今年8月の学生ギターコンクールに挑戦する予定です。

 

 

 

 

日本スペインギター協会 理事会

2016年4月22日、日本スペインギター協会今年度第1回理事会が行われました。主な議題は新役員の承認、今後の活動についてなどを話し合いました。名誉会長本木盛夫先生、顧問村治昇先生、新会長中島晴美先生、会長補佐河野智美先生、副会長角圭司先生、志摩光信、事務局長金子忠夫先生ほか、決定しました。

 当教室門下生の近藤祐月さんが金賞 大沢美月さんがゲスト演奏

6月に行われた第37回ジュニアギターコンクールで近藤祐月さんが金賞を受賞しました。

演奏した自由曲は、ロドリーゴ作曲パッサカリア、とても難易度が高く音楽性の要求される名曲。

一昨年に続き金賞を同部門で2回受賞した人は37年の歴史で初めての快挙。

近藤さんは中学三年生。忙しい勉強の中での受賞でした。

次回も楽しみです。

そして、前回最優秀賞の大沢美月さんが、ゲスト演奏をしました。

大沢さんは幼少の時から当教室に通っていました。

茅ヶ崎から練馬までは約1時間半、休んだことは殆どありませんでした。

小学校低学年の部から出場して、高校三年でようやく手にした最優秀賞は、とても価値あるものでしょう。

これからの活躍が期待されます。

 

 

 

 

2015年7月24日

門下生の大沢美月さんが大活躍

門下生の大沢美月さんが、6月8日に行われたジュニア・ギターコンクールで最優秀賞を受賞し、さらに10月12日のスペイン・ギター音楽コンクールでは、6位入賞をしました。

今後も活躍することでしょう。

image

独自の教材 その1

当教室では、少なからず独自の教材を使っています。

子供用の教材としてAbenteuer der Gitarre(ドイツ語)を使っています。この教本は、私がドイツ留学時代に教育の授業で薦められたものです。ユニークなアイデアが沢山あり、子供を飽きさせないギターの教本としては、たいへん稀です。

今までない良いところは、アルベジオから始まり、コードの仕組みも分かりやすく、伴奏、メロディー、重奏、ソロ、と進んでいくうちに、リズム感や和音の感覚が自然と身につく内容になっています。

残念ながら、日本語訳はありません。

 

http://www.amazon.de/gp/aw/d/3899220226/ref=redir_mdp_mobile/275-7178170-2415965

著者はドイツ人、Jens Kienbaum、ドイツの音楽学校で教鞭をとっています。